室内犬しつけのポイント

室内犬の散歩はいつも決まった時間!


室内犬を飼おうと思ったとき、「散歩は毎日決まった時間にさせなければいけない。」と考えていませんか?

散歩自体は、愛犬にとっても、飼い主にとっても健康的で良いものですが、決まった時間の散歩は考えものです。

決まった時間の散歩が、愛犬の「イライラ吠え」や「わがまま犬」を作り出しているのです。

「うちのワンちゃんはお利口さんだから、散歩の時間がわかるのよ」と自慢している飼い主になっていませんか。

実は決まった時間の散歩は、愛犬の本音では

「散歩の時間だぞ、グズグズせずに早く連れてけよ」と吠えているのです。


それを勘違いして、うちの愛犬は散歩の時間がわかるお利口犬だと思っていると、愛犬の本音は、「飼い主なんてちょろいもの、これでてなずけたぞ、要求すれば何でもしてくれるぞ」とわがまま犬になって、主従関係が逆転してしまうのです。

散歩のしつけのポイントは、飼い主主導が原則です。

飼い主が散歩に行こうと思ったときに行けばいいのです。

決して時間を決めた散歩はやめましょう。

>>>室内犬のしつけ法の最新情報は>>>こちらから

★お薦めリンク集