室内犬のしつけ・留守番

室内犬のしつけ・留守番

犬を飼う,室内犬,準備,費用,ペット保険

室内犬のしつけ留守番編

 

室内犬に限らず犬は元来群れをなして生活していたので寂しがり屋です。
独りにされるのをすごく嫌います。

 

しかし、室内犬につききりという理由にはいけませんですよね。

 

半日や一日は留守番できないと困りますよね。

 

そこで独りでも居ることが出来るようにしなければ飼い主も安心できません。

 

まず普段から少しずつ独りでいることに慣れさせる練習をしましょう。

 

最初は短時間の外出から始め徐々に時間を伸ばしていきます

 

そして必ず帰ってくるというのが分かれば不安も解消されます。

 

もし留守番に慣れてなくて飼い主が長時間家を空ける事態になった場合、
愛犬は突然の慣れない状況に困ってしまいます。

 

そのような事が起こらないように普段から留守番することに慣れていれば愛犬は不安なく過ごせます。

 

愛犬の留守番トレーニングでは、最初はテレビなどをつけっぱなしにして、大好きなオモチャや、オヤツなどを与えて、寂しさをまぎらわせてあげましょう。

 

そして、外出先から戻ってきて留守番がちゃんと出来ていたら「お利口さん」「良く出来ました」とほめてあげましょう。

 

ただ留守中に、あちこちにオシッコをしたり、椅子や家具を噛んだりするのは、大好きな飼い主が出かけてしまったためにストレスを感じ、
不安定な気持ちをまぎらわすために行う室内犬独特の行動です。

 

このように寂しがり屋の愛犬には、留守番のしつけは欠かせません。

 

ちゃんと留守番ができないと愛犬だけじゃなく飼い主も外出時不安です。

 

互いに安心できいるように室内犬の留守番のしつけはしっかりとしたいものです。


★お薦めリンク集