室内犬のしつけ噛みぐせ

室内犬のしつけ噛みぐせ

犬を飼う,室内犬,準備,費用,ペット保険

噛みぐせは、室内犬の躾の中でもしっかりできないといけない躾の一つですね。

 

室内犬にとって噛むという行為は愛情表現の1つです。
仔犬の頃乳歯から永久歯に生え変わる頃には歯がむずがゆくて人にじゃれて噛む行為をします。

 

この時が室内犬の噛みグセを治すタイミングです。
仔犬は、ただじゃれて噛んでいるだけなのですが、強く噛んできたら「痛い、ダメ」とすぐそのタイミングで叱ることです。

 

親犬がする行為ですが、仔犬を裏返しにし、首の部分を強く押さえて仔犬の目を見て「うー」という親犬がする行為を真似すると効果的です。

 

子犬に噛まれてもたいして痛くないから、つい許しがちですが、子犬のうちから、噛んでいいものと、噛んだらダメなものの違いをしっかり教えてあげなければ室内犬の噛みグセを直せません。

 

仔犬の頃からオモチャや犬用ガムなどを噛ませて噛んでいいものといけないものを教えます。

 

人に噛んだらしっかり怒り、おもちゃなどの場合はそのまま見過ごしてもいいでしょう。
ただ、家具や壁などをカリカリ噛みだしたら、ダメと言って噛んだ部分を指差し厳しくしかりましょう。

 

これらの方法でも上手く直らなかったらこちらを参考に>>>■噛み犬のしつけ法■

 


★お薦めリンク集